花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

自信・・・

ほんの1年前までは、こんな写真を撮ったりしてたんだけど、
行く暇が無くて、行かなかったら、すっかり自信喪失?

ニホンズイセン


とりあえず、昨日の晩に、D200を充電して、触ってみたけど、
なにやら、操作も怪しくなっていたりする。

ラッパスイセン


今日は、暖かくて、気持ちイイ日だなー。

こんな日に仕事をしている、自分って・・・

<機材>
NIKON D200
Tamron SP AF90mm F2.8 Di MACRO

でした。。。

スポンサーサイト


  1. 2008/02/11(月) 09:52:17|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

染井村の名花?染井吉野

ソメイヨシノ


ソメイヨシノ(Prunus yedoensis)。

大きい画像は、こちら

バラ科の落葉高木で、日本原産。
江戸末期、染井村に咲いていた吉野桜(山桜)が、
全国的に広まったもの。
エドヒガンと大島桜の配合種と言われている。

??????????????????????????
<トリビア!>

染井村は、今の文京区駒込のあたり。
当時、江戸の大火を避けるために、多くの大名下屋敷が、
この地に建っていた。
六義園:柳沢家
染井霊園:藤堂家と建部家などなど。

これらの広大な屋敷の、植木を整備するために
駆りだされたのが、その地の農民たち。
やがて彼らは、植木&造園業者となり、
染井村は、専門職の住む地となった。

彼らが大切に育てていたのが、染井吉野というわけ。

??????????????????????????

私は、ソメイヨシノの撮影数は少ない。
というのも、毎年、8種類くらいの桜を撮影していて、
特に玉縄桜とか、冬桜とか、早咲きの品種を好んで撮るので、
ソメイヨシノの時期には、見慣れてしまっているから。

でも、改めて撮ると、優美で荘厳さもあり、名花だと思う。

梅の花 咲きて散りなば さくらばな、
つぎて咲くべく なりにてあらずや


時は「春」。

今も昔も、桜の季節・・・

桜の花言葉 「精神美」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F4.0 1/90 ISO100
@近所の酒屋さんの桜(笑)

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!


にほんブログ村 花ブログへ




  1. 2007/03/29(木) 07:09:06|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

春の黄色?セイヨウアブラナ(菜の花)

セイヨウアブラナ


セイヨウアブラナ(Brassica napus)。

大きい画像は、こちら

アブラナ科の1年草で、ヨーロッパ原産。
日本への渡来は明治時代。
主として、油の採取を目的に生産された。
繁殖力が高く、現在では野生種も多い。

緑の葉、4枚花弁の黄色い花で、春らしい色が人気。

含油量は4割ほどで、主に食用に使われるが、
渡来当初は、灯火にも用いられた。
油粕(あぶらかす)は、肥料に用いられる。

絞りをF8にして、菜の花畑に居る感じを出してみた。
合焦しているのは、菜の花。
周囲も、ぜーんぶ菜の花!

春の黄色に囲まれた1枚でした。

菜の花の花言葉 「快活」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F8 1/350 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!


にほんブログ村 花ブログへ




  1. 2007/03/26(月) 07:05:06|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ピンク&イエロー春の使者?チューリップ

チューリップ


チューリップ(Tulipa gesneriana)。

大きい画像は、こちら

ユリ科の単子葉球根植物で、トルコ原産。
園芸種は、主としてオランダで広く品種改良されている。
ゆえに、オランダの国花になっている。

日本でも品種改良が盛んで、700種以上が栽培されている。
4cmの小輪種から、8cmの大輪種まで多く存在し、
早咲き種から遅咲き種まで、多種多彩。
日本では、富山県が生産量日本一。

根は、あまり枝分かれをせず40cm以上にまで伸びる。
葉は肉厚で、水分を蓄えつつ蒸発を防ぐ。
花は温度によって、開閉する。
寒いとき閉じ気味になるのは、そのため。

開花した球根の周囲には、小さな球根が多く付く。
そして、その球根の収穫量を上げるために、花を摘む。
(花は養分を多く吸収するから)
そして、その摘んだ花が切り花として栽培されるわけ。

撮影は、ちょっと開き気味の絞りで、ピンクのチューリップを
主被写体にし、イエローの完全開花した花を背景に。
トロトロ背景好みだと、あと少しだけ寄って開放絞りにすれば
強烈にボケるんだけど、このくらいがバランス的には好きだな。

春の使者のひとつ、チューリップ。
イエローの背景に、ピンクの花。
少しでも春の香りを感じてくれれば・・・

チューリップの花言葉 「愛」。
ピンクチューリップの花言葉「恋する年頃」

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F5.6 1/45 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!


にほんブログ村 花ブログへ




  1. 2007/03/22(木) 06:45:39|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

紅白マーブルの春サザンカ?蜀紅

蜀紅


蜀紅(Camellia japonica)。

大きい画像は、こちら

蜀紅(しょっこう)。
ツバキ科の常緑木で、日本本州以南原産。

種類としては、春山茶花(はるさざんか)と呼ばれるもの。
花弁の紅白バランスが特徴で、同じ木でも花個体によって異なる。

花の特徴は「濃紅地白斑+一重+筒咲+中輪」。
いかにも、ツバキ科の花らしい雰囲気なんだけど、
赤一色ではないので、なんともオシャレな感じ。

入念に木を見渡して、マーブルな感じの花を見つけて撮影。
冬の柔らかな日差しが当たっていたので、それを十分に生かし、
逆光で撮ることにする。
冬の日差しだと、完全逆光でも背景に暖色が残る。

常緑葉と蕾を使って、暖かみのある雰囲気を出したかった。

サザンカの花言葉 「愛嬌」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F9 1/40 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!


にほんブログ村 花ブログへ




  1. 2007/03/21(水) 07:08:00|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
 ∥HOME次のページ