花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最も早咲きの朱桃躑躅?ゲンカイツツジ

ゲンカイツツジ


ゲンカイツツジ(Rhododendron mucronulatum)。

大きい画像は、こちら

ツツジ科の落葉小低木で、本州岡山以西および九州北部、
朝鮮半島などに幅広く分布する。
漢字で書くと「玄海躑躅(げんかいつつじ)」。
玄海=玄界灘の意味。海を挟んで周囲に分布している。

主に高地に生え、3月初旬から4月にかけて開花する。
最も早く咲くツツジで、葉が出るよりも先に開花してしまう。
見てのとおり、葉が無いのに花だけ咲いている。

現在では、観賞用として栽培されることが多く、
元来種の桃紅色だけでなく、白花も存在する。
どちらにしても絶滅危惧種。
発見しても、折ったりしないよう・・・

さて、今回の撮影は、未だに入手困難のレンズ。
Nikkor AF-S DX VR ズームニッコール ED 18-200mm。
ウチでは、D200にTamron MACRO を付けっぱなし。
ほとんどレンズを付け替えない。

でも、たまたまズームを付けていたし、「18-200mmの作例も見たい」
というメールをいただくことがあるので、撮ってみた。
やっぱり、ボケは少し堅いかな。

今回のショットは、三脚不使用の手持ち。
このレンズの強烈な手ぶれ補正は、やっぱり魅力だなー。

ツツジの花言葉 「初恋」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Nikkor AF-S DX VR ZOOM ED 18-200mm 200mm域
F8 1/90 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!


にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2007/03/17(土) 08:49:39|
  2. D200+VR 18-200mm|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

真冬に早春の色?アイスランド・ポピー

アイスランド・ポピー


アイスランド・ポピー(Papaver nudicaule)。

大きい画像は、こちら

ケシ科の宿根草で、北ヨーロッパ亜北極圏原産。
暑さには弱いため、日本では秋まきの園芸的1年草になる。

極寒地の原産なので、シベリアヒナゲシという和名もある。

近似種にヒナゲシがあるが、アイスランドポピーのほうが、
花が大きい。10cmくらい?
よく混同されるので、要注意!

昨日は、真冬になっても元気な、ウチのブーゲンビリアを
紹介したので、今日はフラワーセンターの早熟さんを。。。

ポピーの咲き時期は、3月くらいからが基本。
当然ながら、ポピー花壇は閑散

ポピー畑


・・・と思ったら???

ひとりだけ、立派に咲いてるじゃん!
他の子は、ツボミもないのに。

で、撮ったのが最初の写真。

このときは、帝王ダリアを撮るつもりで200mmズームにしてた。
そんなわけで、できるだけ寄って、マクロ風に撮ってみた。

NIKONの一眼レフを買う人がいたら、マクロレンズが無くても、
VR18-200mmを持っていれば、このくらいまでは撮れるよ。

アイスランド・ポピーの花言葉 「慰め」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Nikkor VR 18-200mm 200m
F5.6 1/125 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ




  1. 2007/01/10(水) 05:55:45|
  2. D200+VR 18-200mm|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

イチバン早く咲く水仙?フサザキスイセン

フサザキスイセン


フサザキスイセン(房咲き水仙)。

大きい画像は、こちら

ヒガンバナ科の多年性球根草で、地中海及び北部アフリカ原産。

一般的なスイセンが、3月頃から咲き始めるのに対し、
このフサザキスイセンは、11月頃から開花する。
そのため、「寒咲きスイセン」と称されることもある。

和製のスイセンとは、球根の大きさが異なり、
フサザキスイセンは、径が7-8cm程度もある。

日本へは、地中海?シルクロード?中国というルートで伝来。
多くの文化や産物と、同じような道程で来たんだね。。。

これは、「ガリル」という種類で、白一色の花。
咲き始めが早いだけに、8月頃には植え込む必要がある。

撮影は、200mmの望遠域で。
ちょっと奥にあって、マクロレンズが使えなかったので、
寄ってのボケというよりは、樹木や葉を使って、
色に変化を付けた構図で・・・

フサザキスイセンの花言葉 「思い出」。

<新春にあたって>
春も、夏も、秋も・・・そして、冬も。
いつも花を見つめ、感動し、シャッターを押すような自分でいたい。。。
本年も「花と写真が好きだから・・・」を、よろしくお願いします。

DSLR:NIKON D200
LENS:Nikkor VR 18-200mm 200m
F6.3 1/250 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ




  1. 2007/01/01(月) 07:51:28|
  2. D200+VR 18-200mm|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

晩秋の公園?楓

楓


楓(Acer)。

大きい画像は、こちら

カエデ科の落葉高木で、中国原産。
一般に見かける楓は、唐楓(とうかえで)という種類。
樹高は20mくらいになる。

楓は、秋の紅葉が有名。
いわゆる「紅葉(もみじ)」のこと。

切れ込みのある葉が特徴で、学名の「Acer」は、
「裂け目」を意味するラテン語から。
日本では、葉の形状から「かえるで(蛙手)」と呼ばれた。

わが屋戸に 黄変つかえるで 見るごとに
妹をかけつつ 恋ひぬ日はなし

「こうよう」を「紅葉」と書いたのは平安以降で、
それ以前は「黄葉」と書かれていた。

秋山の 黄葉を茂み 迷いぬる
妹を求めむ 山道知らずも

紅葉の撮影は、苦手!!!
だから、ほとんど撮らない。
昨年は0枚、今年は数枚。

200mm(換算300mm)で、逆光透過で撮ってみたけど・・・

紅葉の花言葉 「遠慮」。
(しかし、葉っぱで花言葉とは・・・)

DSLR:NIKON D200
LENS:LENS:Nikkor VR 18-200mm 200m
F6.3 1/350 ISO100
@舞岡公園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ




  1. 2006/12/17(日) 08:05:08|
  2. D200+VR 18-200mm|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

まさに皇帝!?帝王ダリア

帝王ダリア


帝王ダリア。

大きい画像は、こちら

キク科の多年草で、メキシコ原産。

帝王ダリアは、茎が木質化するのが特徴。
近くで見ると、普通に「木」に見える。

木みたいだけど、いちおうダリアなので短日性植物。
日が、ある程度、短くなると開花する。

別名「木立ダリア」「皇帝ダリア」とも呼ばれている。

フラワーセンターの帝王ダリアは、また特大!
身長5m!イチバン低い花でも、4mくらい上に咲いている。

もちろん、マクロレンズはNG。
手ぶれ補正(VR)付きの200mm(換算300mm)で狙う。

それにしても、遠い!
構図も、光の方向も、考えるのは無理!
とりあえず、撮ってきた。

12月半ばまで咲き続けるので、もう1回、行ってこよう。
もう少し、低いところに咲いて欲しいなぁ。。。

帝王ダリアの花言葉 「威厳」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Nikkor VR 18-200mm 200m
F5.6 1/350 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ




  1. 2006/12/07(木) 06:41:55|
  2. D200+VR 18-200mm|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
 ∥HOME次のページ