花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

花壇のニョロニョロ君?ルピナス

ルピナス1


ランキングサイトに参加しています!
気に入ってくれたら、どちらも1日1回のクリック!お願いしまーす!



にほんブログ村 花ブログへ


今日は、お茶目な姿のルピナスを紹介。

マメ科で、地中海原産。
寒さに強いのに、暑さには弱い。
そんなわけで、日本では、園芸的に1年草になってしまう。

綺麗な花だけど、しっかりマメ科の特徴は持っている。
つまり、根で窒素成分を作成するので、チッソ肥料は要らないとか、
同じ土で連作できないとか。
このへんは、家庭菜園で枝豆を育てるのと同じ。

<小難しい話>
根の部分に根粒バクテリアが住んでいる。
これは、マメ科の光合成によるブドウ糖で増殖する。
その際に、空気中のチッソ分子をタンパク質(アミノ酸)に変換。
マメ科が窒素肥料を必要としなかったり、高タンパクなのは、これが理由。

日本名では「昇り藤」なんて呼ばれる。
なるほど、藤の花に似てる(同じマメ科だから?)。

写真のルピナスは、ラッセルルピナス。
イギリスのRussellさんが、交配した品種。

花がゴージャスなので、私も育ててみたいんだけど、
今年は、もう鉢の置き場が無い。。。
来年の宿題にしておこう・・・

DSLR:NIKON D200
LENS:NIKKOR 60mm MICRO
F9 1/125 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ルピナス2


スポンサーサイト


  1. 2006/05/26(金) 10:28:03|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 ∥HOME