花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ラテン系の道を行く??ダリア

ダリア


ダリア。

キク科の多年草で、メキシコ原産。
今から10月くらいまで、盛んに花を咲かせる。

極めて種類が多く、花の大きさも4cmから30cmオーバーまで。
草丈は30cmから200cm超まで。
咲き方も、一重からポンポン咲きまであり、
「これもダリア?」って感じ。

種類的には、American Dahlia Society が、16種に分類している。

メキシコからスペインに渡ったダリア。
18世紀後半、マドリード王室植物園へ贈られた種子が、
近代ダリアの祖となった。
以降30年。着々と品種改良が重ねられて今に至る。

ダリアのネーミング。
由来は、植物学者のAnders Dahl。
その業績を称える意味で、この花はダリアと命名された。

日本には、天保年間にオランダ人によって渡来。
八重咲きの花が牡丹と似ているため、「天竺牡丹(テンジクボタン)」
などと称され、愛玩されていた。

メキシコの国花でもある。

こういう大きくて派手な花の撮影は、意外に難しい。
モード系?に撮影するには、花の切り取り方と
空間の生かし方が大事。

なかなか、難しいね!

ダリアの花言葉 「華麗」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F9 1/125 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ランキングサイトに参加しています!
気に入ってくれたら、どちらも1日1回のクリック!お願いしまーす!



にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2006/07/09(日) 09:35:28|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
 ∥HOME