花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

優雅で大らかな花姿?Catherine Deneuven

カトリーヌドヌーブ


Catherine Deneuven(カトリーヌ・ドゥヌーブ)。

フランスで産出の、八重系のバラ。
1981年、Meilland(メイアン)さんによる。
Meillandさんは、あの有名なパパメイアンの作出者。
他にも多くの作品を持つ、バラの皇帝?らしい。

少し横に張り出す樹勢で、半剣弁咲。

剣弁:花弁の両端が外側に反って尖鋭なもの)
丸弁:花弁の先端が丸いもの
(古くから日本に多かったのは丸弁。欧州は剣弁)

30枚の花弁が積み重なり、なんとも美しい形状。
中香だけど、マクロ撮影のために近寄ると、
穏やかで良い香りが漂う。

現地フランスでは、もう少しオレンジ色が濃い。
日本でも、第1花や秋花は赤みがある。
これは第2花で、気温が上がっているので黄色が強くなる。
これは、どのバラでも同じらしい。。。バラ担当職員さん談

フワッと大らかに咲く様子が、さすがにフランスの大女優?

撮影的には、花びらを前ボケに使ってみた。
いわゆる、モード系。。。

緋色のバラの花言葉 「情事」「嫉妬」

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F5.6 1/640 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ランキングサイトに参加しています!
気に入ってくれたら、どちらも1日1回のクリック!お願いしまーす!



にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2006/07/13(木) 09:20:56|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 ∥HOME