花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界で愛されるハーブ?スイートバジル

スイートバジル


スイートバジル(Sweet Basil)。

シソ科の1年草で、インド原産。
ただし、現地では多年草で、木のように大きなバジルも
多数、存在するという。ちょっと、見てみたいかも?

和名では「目箒(めぼうき)」と言う。
この語源は、黒い球状の種を水に侵し、ゼリー状になったものを
目に入れて、ゴミを取ったことから。
東南アジアでは、このゼリー状の種をデザートにする地域もある。

原産地インドでは、「聖なる灌木」と言われ、神々に奉納される。
反面、ギリシャでは不吉なものとされ、今でも種を蒔くときには、
罵りながら蒔く風習がある。

世界各国で、色々な習慣を生んでいるのも、バジルが広く
使われているからなんだろうね。

バジルには、ブッシュバジル(地這性)、シナモンバジル、
レモンバジル、ダークバジル(赤紫)など、様々な種類があるが、
最も有名なのが、このスイートバジル。
育てやすくて、香りも高い。

このバジルは、ウチで挿し木で増やしているもの。
発根性が高いので、水に挿しておくだけで、十分に苗になる。

で、育て方としては、常に先端を切り取るようにして、
脇芽を増やしていくのが基本。

それを少し怠ると、このように花芽が出てしまう。
花に養分が取られ、家庭園芸上は失敗なんだけど、
「花撮り隊」としては、思うツボ?

濃いグリーンの葉からは想像できないような、白くて小さくて、
キュートな花を咲かせる。

DSLR:NIKON D200
LENS:NIKKOR 60mm MICRO
F3.5 1/40 ISO100
@ウチのベランダ

ランキングサイトに参加しています!
気に入ってくれたら、どちらも1日1回のクリック!お願いしまーす!



にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2006/07/17(月) 08:21:28|
  2. D200+60mmMICRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 ∥HOME