花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

神秘の極み?蓮

蓮


蓮(Lotus)。

インド原産で、中国経由で日本へ渡来。

現在の蓮は、インド?中国ルートで入って来たが、
白亜紀には、日本にも自生していたらしい(化石がある)。
その後、一度、無くなってから、今の蓮が伝来した。

元々、蜂巣(はちす)と呼ばれていたものが蓮になった。
見てのとおり、中央部の黄色い花床が、蜂の巣に似ているから。

蓮の花は蓮華(れんげ)。
お釈迦様が、蓮華の上で瞑想する絵柄は、あまりにも有名。
また、中華料理のレンゲは、蓮の花が由来(花びらと形が似ている?)。

蓮の花は、早朝に咲いて午後には閉じる。
これを3日間繰り返し、4日目に散る。
神秘的で、不思議な花。。。

蓮の地下茎は蓮根(レンコン)。
でんぷん質を多く含み、食用にされる。

スイレン科とされているが、スイレンとは異なる習性が多い。
(蓮は水面より上に葉が出る、スイレンは出ない)
DNA解析の結果、さらに違いが浮き彫りになり、
ハス科を新設する動きもある。

この時期、蓮の写真は多く出回るので、
ちょっと変化を付けて、こんな撮り方をしてみた。
単に、私がヒネクレ者なのかもしれないけど。。。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F9 1/90 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ランキングサイトに参加しています!
気に入ってくれたら、どちらも1日1回のクリック!お願いしまーす!



にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2006/07/19(水) 10:29:10|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
 ∥HOME