花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

日本原産の貴公子?ぎぼうし

ぎぼうし


ぎぼうし(擬宝珠)。

ユリ科で、日本原産。
名前の由来は、橋の欄干にある擬宝珠に花が似ていることから。

花の寿命は短く、1日で閉じてしまう。
よって、欧米では「Day Lily」などと呼ばれる。

19世紀、日本から中国や欧州に渡り、数々の品種改良を
受けて、今は逆輸入されている。
日本でも江戸時代に、数十種の品種改良がされた。

夏に開花する花なのに、真夏の直射日光には弱い。
(葉が焼けて、弱ってしまう)

ぎぼうしの若い葉や茎は、「うるい」と呼ばれ、
山菜としても親しまれている。

花が吊すように咲くので、風で大きく揺れて撮りづらい。
シャッタースピードを上げて、止まる瞬間を辛抱強く待って、
やっと撮れた1枚。

ぎぼうしの花言葉 「沈静」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F5 1/350 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ランキングサイトに参加しています!
気に入ってくれたら、どちらも1日1回のクリック!お願いしまーす!



にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2006/07/22(土) 07:44:13|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7
 ∥HOME