花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

花弁の輪郭と前ボケ?ガーベラ

ガーベラ


ガーベラ。

キク科の多年草で、南アフリカ原産。

歴史は意外に浅くて、まだ発見されてから
100年強しか経っていない。

でも、品種改良は盛んで、鉢植えで見かける
茎の太い品種は、ヨーロッパで生産されたもの。
(元々は背が高くて、花は小さく、茎は細かった)

医者&自然科学者、ドイツのGerberさんが名前の由来。

大輪ガーベラクラスの花だと、花弁の隅々まで
鮮明に写すためには、F9クラスの絞りが必要。
スイレンやユリだとF11。
蓮だとF16くらいまで使う。

ただ、背景のボケは開放絞りの方が溶けるため、
そのバランスに苦労する。

今回は、開放でも花弁を美しく撮りたかったので、
奥側の花弁にフォーカスして、手前側を前ボケにしてみた。

ガーベラの花言葉 「希望」
ガーベラ(ピンク)の花言葉 「崇高美」

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F3.2 1/640 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ランキングサイトに参加しています!
気に入ってくれたら、どちらも1日1回のクリック!お願いしまーす!



にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2006/07/27(木) 08:20:42|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
 ∥HOME