花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

真夏に咲く深紅の花?センノウ

センノウ


センノウ(仙翁)。

ナデシコ科で、中国北部・シベリア原産の多年草。
名前の由来は、京都嵯峨野の仙翁寺。
この寺に伝来したと言われている。
(学名も「Lychnis Senno」と「仙翁」が入っている)

夏、深紅の花を盛んに咲かせる。
5弁花で、花弁先端のギザギザが特徴。

近似種に「マツモトセンノウ」があるが、これは日本原産。
こちらは阿蘇などに自生しており、園芸用に多く出回っている。
こちらは、花弁にギザギザが無い。

一方、中国産のセンノウは、近年、一般に見かけることは
稀になり、植物園などで細々と育てられている。

撮影的には、後方の空間が開いていたので、小さな花だけど
F8を選択する。ギザギザの輪郭を出したかったので。。。

右にオフセットして構図を作り、雄しべ先端の青を強調。

しかし、やはりマクロレンズはボケが格別。
ズームでは不可能な、とろけるようなボケは、
やはり単焦点マクロならではで、素敵!

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F8 1/10 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ランキングサイトに参加しています!
気に入ってくれたら、どちらも1日1回のクリック!お願いしまーす!



にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2006/08/04(金) 08:08:40|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
 ∥HOME