花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

小さくても気品あふれる?キャンディ

ミニ胡蝶蘭


コチョウラン(胡蝶蘭)。

通称、ファレノプシス(Phalaenopsis)。

「Phalaenopsis」は、「蛾のような」という意味。
これが、ファレノプシスの語源で、花の形が似ている。
しかし、蝶の方が良いイメージなんだけど。。。なんで蛾かな?

熱帯アジア及びインド原産で、自生種50種類に園芸品種もあり、
かなり多くの種類が存在する。
熱帯の植物だけに、寒さには弱くて、最低気温15度弱は必要。

この胡蝶蘭は、ミニ品種の「ビューティーシーナ キャンディ」。
2002年、千葉県で育成、交配された品種。
6-7cmの小ぶりな花は、ポテっと肉厚でカワイイ。

しかし、温室内で1/60。
手ぶれしやすい私が、手持ちで余裕。
このレンズの、手ぶれ補正効果は大したもの・・・

今日は、私にしては珍しく、栽培品種の花をアップしてみました。

胡蝶蘭の花言葉 「清純」。

DSLR:NIKON D200
LENS:NIKKOR VR18-200mm 95mm
F5.6 1/60 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ランキングサイトに参加しています!
気に入ってくれたら、どちらも1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ



スポンサーサイト


  1. 2006/08/10(木) 08:52:36|
  2. D200+VR 18-200mm|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
 ∥HOME