花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

歴史ある南国の花?さんたんか

さんたんか


さんたんか(山丹花・三段花)。

アカネ科の多年草で、アフリカ熱帯地方、マレーシアなどの原産。

「山丹花」の語源は、中国南部の山丹山。
「三段花」は、年に3回以上、花の時期があることから。

イクソラとも呼ばれる。
Ixora=イクソラ は、シバ神の意味で、供花に使われていた。

日本での歴史は、思いのほか古い。
江戸時代17世紀には、既に渡来していた(沖縄とか鹿児島とか)。

見た目から想像できるように、夏の暑さには極めて強く、
盛夏でも花を咲かせ続け、旺盛に伸びる。
切り戻しで、さらに花房が増えるのは、暑い国の花の特徴。

外での冬越しは、よほど暖かいエリア以外は難しいようで、
関東では屋内での越冬になる。

撮影的には、三脚禁止の温室だったので、VR18-200で撮影。
200mmの1/25が、キッチリと止まっている。
この手ぶれ補正は、やっぱり不思議。。。

さんたんかの花言葉 「謹厳」。

DSLR:NIKON D200
LENS:NIKKOR VR18-200mm 200mm
F5.6 1/25 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ランキングサイトに参加しています!
気に入ってくれたら、どちらも1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ



スポンサーサイト


  1. 2006/08/22(火) 09:04:57|
  2. D200+VR 18-200mm|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
 ∥HOME