花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

中国から来た紅の花?百日紅

百日紅


さるすべり(百日紅)。

ミソハギ科の落葉高木で中国原産。

夏から10月にかけて、盛んに開花する。
また、11月には結実する。

名前の由来は、盛夏、百日に渡って紅い花を
咲かせるから。(百日紅は中国名)。

実際には紅だけでなく、白や紫、ピンクも存在する。
いずれも、開花した枝の先端に次々とツボミができ、
それが3ヶ月間以上も続く。

日本では、幹がスベスベで猿が登れないということで、
命名された(猿滑り?)。
これは、幹の表面のコルク層が、成長とともに剥がれ、
ツルツルの樹皮が表出化するため。

私は、個人的に百日紅の撮影は苦手。
小さな花の集合体というのは、どこに主題を置いて
撮るべきかが難しいから。。。

今回は高倍率ズームで撮ったけれど、
マクロで再チャレンジしたいと思っている。

DSLR:NIKON D200
LENS:NIKKOR VR18-200mm 200mm
F5.6 1/160 ISO100
@東関道 酒々井PAにて

ランキングサイトに参加しています!
気に入ってくれたら、どちらも1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ



スポンサーサイト


  1. 2006/08/29(火) 08:16:41|
  2. D200+VR 18-200mm|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
 ∥HOME