花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

真夏を彩る小花?ジニア

百日草


ジニア(百日草)。

キク科の多年草で、メキシコ原産。
メキシコ産の花にありがちな、園芸的1年草。
(非耐寒性で、霜が降りると枯れてしまう)

典型的な短日性の花。
つまり、夜の長さが一定時間(12時間以上)続くと、花芽形成する。
アサガオなどと同じ性質で、3日以上の短日で花芽ができる。
よって、常夜灯の側などでは花が咲きにくい。

極めて太陽を好み、真夏の炎天下が大好き。
乾燥が続くと弱って花が小さくなるけど、蒸れも苦手。
ちょっと、ワガママさん?

品種改良が盛んで、八重咲き、一重、ダリア咲きなど種類も多い。
品種改良モノの常で、F1品種になるため、挿し芽には向かない。
(挿しても、同じ花が咲かない)

名前の由来は、丈夫で100日でも咲き続けそうなことから。
同じ理由で、「浦島草」とも言われる。
ジニアは、高名なドイツの植物学者からとった名。

撮影としては、背景の葉の緑を生かすオーソドックスな構図。
花弁のエッジを出すために、F13としている。

百日草の花言葉 「旧友への思い」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F13 1/50 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2006/09/18(月) 07:23:44|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
 ∥HOME