花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

日本人に馴染み深い?ミソハギ

ミソハギ


ミソハギ(禊萩)。

ミソハギ科の多年草。
本州?九州の水辺や湿地帯に幅広く分布。

多くの名前と由来を持つ。

<禊萩>
旧盆のときに、ミソハギを飾り、汚れを払う
風習があったため(禊ぎ?みそぎ)。
関西では、ストレートに「ミソギ」と称することもある。

<溝萩(みぞはぎ)>
山間部の溝=湿地帯に咲くことから。

<盆花(ぼんばな)>
旧盆の時期に咲き、霊前に供えられるため。

<精霊花(しょうりょうばな)>
盆花と同じ理由。

ミソハギは、古くから生薬としても用いられ、
根以外の地上部を乾燥させて、下痢止め、膀胱炎の
薬としていた千屈菜(せんくつさい)。

また、若苗は食用にもなった。

赤紫の可憐な花だけど、古くから日本人の風習や、
生薬、食用として深く関わってきた花だったんだね!

ミソハギの花言葉 「切ない愛」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F5 1/125 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2006/09/19(火) 06:17:37|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
 ∥HOME