花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

湿地の小さな一日花?ヌマトラノオ

沼虎尾


ヌマトラノオ(沼虎尾)。

サクラソウ科の多年草。
同じ仲間の「オカトラノオ(陸虎尾)」が陸地に生えるのに対し、
沼虎尾は、湿地や沼地に自生する。

花穂が虎の尾に似ているのが、名前の由来。
沼虎尾の花穂は直立し、陸虎尾の花穂は枝垂れる。
よって、見分け方は容易。

花は7-10mmの小さなもので、茎の下から上に向かって順に咲く。
地下茎で増え、群落をなす。

小さな花で、長持ちしそうなんだけど、一日花。

花穂の最後の方だったので、後ろに別の枝と、
緑の背景を入れて、シッカリとボカす。

ヌマトラノオの花言葉 「平静」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F9 1/125 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2006/09/20(水) 07:16:33|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
 ∥HOME