花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

青紫の人気者?メドーセージ

グラニティカ


サルビア グラニティカ(Salvia guaranitica)。

シソ科の常緑低木で、ブラジル原産。
メドーセージ、ブルーサルビアなどと言う名で流通している。

大きな株は、草丈1.5mにも達するものがあり、
シソ科の中でも、かなり大型の種。

非常に繊細な花で、乾燥や排気ガスに弱い。
よって、幹線道路脇の花壇などでは、まず見られない。

薬用効果のあるハーブで、殺菌性も高い。
葉は消化を助け、芳香で獣肉の香りを和らげる。
味は、赤系のサルビアよりも、苦みが強いと言われる。

とても甘い蜜を持ち、ミツバチやクマンバチなどのハチ類、
チョウ類が、多く集まる。
また、落ちた花にもアリが群がることがある。

さて、このグラニティカ。
普通は、花房を撮ると思うんだけど、花一輪を狙うのが自分流。
で、改めて見ると、「モンスター顔?」で、なかなかカワイイ。
光の加減で、青にも紫にも見える色も、とても鮮やか!

メドーセージの花言葉 「素朴」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F8 1/60 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2006/09/29(金) 08:47:27|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
 ∥HOME