花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

太陽の女神?サンガッディス

サンガッディス


サンガッディス(Sun Goddes)。

大きい画像は、こちら

1994年にアメリカで作出された黄色のバラ。

いわゆるHybrid Tea Roses(HT)。
大輪で四季咲きの種類。

豪華で大きな花は、バラの究極系だけれども、
花数が少ないので、ガーデニング向きではない。
マニア向きって感じ?

私のような不器用さんにとって、
こういうバラは、植物園で鑑賞するに限る。

名前の由来は、その色から。
「太陽の女神」という意。

撮影的には、黄色を逆光で撮るという難しい部類。
特にNIKONのカメラは、ただでさえアンダーなので、
調光補正が必須。

とはいえ、全てRAWで撮っているので、その点は安心。
結果として+1.3くらいで落ち着いた。

背景の葉を生かして、メイン被写体は右上にオフセット。

黄バラの花言葉 「薄れゆく愛」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F11 1/80 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2006/10/13(金) 08:07:32|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
 ∥HOME