花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

上品で深い青?コバルトセージ

コバルトセージ


コバルトセージ。

大きい画像は、こちら

美しいブルーサルビアで、北米原産。
「Salvia reptans」の変種になる。

通常、匍匐性(reptans)のある種類なのに、
コバルトセージは、起立性があって上に伸びる。
草丈は低めだけど、茎が細くて長い感じ。

花は、なんとも美しいブルー。
9?11月の3ヶ月間、静かに上品な花を咲かせ続ける。

耐寒性が-5℃程度までなので、育てやすく、
とても人気の高いセージ。

撮影は、花の美しさに動揺して?
「思い切りボカす撮り方」をしてしまった。
いわゆる、マクロレンズを絞り開放で撮る手法。

これは、ボケは大きくなるが、花弁のエッジも曖昧に
なってしまうので、あまり良い方法ではないと思っている。

でも、F9まで絞って撮った写真よりも、なぜか趣があるように思えた。

コバルトセージの美しさが、幻想的だからかなぁ。。。

コバルトセージの花言葉 「尊重」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F3.8 1/320 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2006/11/11(土) 07:57:39|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 ∥HOME