花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

印象的な紅花と常緑?立寒椿

立寒椿


立寒椿(タチカンツバキ)。

大きい画像は、こちら

ツバキ科の常緑花木で、獅子頭(ししがしら)とも呼ばれる。
立寒椿は、サザンカの園芸品種になる。

特徴は、サザンカが1.8m程度の樹高なのに対して、
立寒椿は直立性が高いために3mほどになること。

また、時期的には、サザンカよりも遅く、ツバキよりも早く咲く。
横浜周辺では、咲き始めといったところ。

基本的に、ツバキ科は雑交配が多く、雑種が多く誕生するために、
品種を特定するのは難しい(というか、あまり意味がない)。

撮影は、鮮やかな色合いを生かすことが絶対条件。
花の紅色はもちろん、常緑葉の濃い緑色も印象的。

また、ツバキ科は遠目に見るとキレイでも、寄ると痛んでいる
花が多いので、被写体のセレクトも大切!

花は左にオフセットして、わずかに切り取る。葉は右に配置。
立寒椿の花は大きいので、絞りはF11に。
もう少し、遠い葉があるとボケが大きくなったんだけど、
まぁ、こんなもんでしょう。。。

寒椿の花言葉 「愛嬌」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F11 1/15 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2006/11/30(木) 08:21:07|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 ∥HOME