花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

歴史古い冬菊?フィデサ

フィデサ


フィデサ(Fidessa)。
キク科で、いわゆる小菊の種類になる。

大きい画像は、こちら

10月中旬から12月終わりまで、2ヶ月にわたって断続的に咲き続ける。

小菊は、クッションマム系を中心に、品種改良が進んでいるも多い。
反面、オーソドックスな小菊は、9世紀に日本に渡来したとされ、
歴史的には、かなり古い。
(もちろん、こんなハイカラな名では無かったと思うけど・・・)

品種改良が少ない利点として、自然環境には強く、
寒さには、かなり強い。
よって、こうした小菊を、寒菊などと呼ぶ。

マクロでビシっと撮ると、大きく見えるけれど、
4cm程度の小さな花径の菊。

撮影は、後方に広い空間があったので、
花の左半分を切り取って、右に空間を作る。
花を切り取るのが主ではなくて、右の空間に花弁で画を描く感じ。

小菊の花言葉 「高潔」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F11 1/20 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2006/12/06(水) 06:56:26|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 ∥HOME