花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

寒気を浴びて咲く花?チェイランサス

チェイランサス


チェイランサス(Cheiranthus)。

大きい画像は、こちら

アブラナ科の多年草で、ヨーロッパ南部原産。
日本では、「ニオイアラセイトウ」とも呼ばれる。
名前のとおり香りは高く、ポプリとしての用途もある。

半耐寒性で、ワラなどで保温すれば屋外冬越し可能。
反面、夏の暑さには弱いため、関東以南では1年草扱い。
寒気に当たらないと開花しないので、「秋まき早春咲き」が
普通だけど、フラワーセンターは開花していた。
冷蔵庫にでも入れたんだろうな。。。
(ここは、よく冷蔵庫作戦を使ってるから・・・)


英名は「Wall Flower」と言う。
中世ヨーロッパの石垣に、よく自生繁殖していたのが理由。
ダンスパーティーで、相手がいなくて壁により掛かっている
女の子を Wall Flower と言うけれど、それとは違うみたい。

撮影は、イエローの鮮やかさを生かし、背景は渋めの配色にする。
理想的には、F8まで絞りたかったけれど、風があったので
被写体ブレを恐れて開き気味に。
なかなか、理想どおりにはいかないもので。。。

チェイランサスの花言葉 「逆境にも変わらぬ愛」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F5.6 1/350 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2006/12/19(火) 09:09:08|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
 ∥HOME