花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

レイにもなる真紅の苞?アルピニア・プルプラタ

アルピニア・プルプラタ


アルピニア・プルプラタ(Alpinia purpurata)。

大きい画像は、こちら

ショウガ科の多年草で、太平洋熱帯エリア原産。
特に、ハワイやマレーシアなどで多く生産されている。

草丈4m、葉長50-60cm、苞長20-30cmという大型。
例によって、赤い部分が苞(ほう)になる。
白い花が咲くが、目立たず、開花期も短い。

英名では「Red Ginger」と呼ばれる。
生姜ではあるが、食用ではない。
主に、観賞用として栽培されている。

ハワイでは、切り花として用いられることもあるらしい。
ハイビスカスに、極楽鳥花、ブーゲンビリアにRed Ginger。
さぞや派手で、目に鮮やかな生け花なんだろうね!

ハワイ語では「Awapuhi Ula ula」。
ウラウラは、レイの材料にも使われる。

撮影は、南国らしい雰囲気を醸し出すべく、
大きな赤の苞を生かして、背後に大きな葉を背景に。
背景との距離を考え、F9に設定してみた。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F9 1/4 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2007/01/04(木) 07:27:31|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 ∥HOME