花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

冬の陽光に輝く美人?立寒椿

立寒椿


立寒椿(タチカンツバキ)(Camellia sasanqua)。

大きい画像は、こちら

ツバキ科の常緑花木。
椿という名が付いているが、サザンカの仲間。

本来のツバキは中国原産(寒椿)。
一方、サザンカは日本産との交雑種(寒椿群)。

椿(ツバキ)と山茶花(サザンカ)は、極めて近似種で、
雑交配も盛んに行われるため、厳密な品種特定は意味がない。

とは言うものの、シーズン中には何度も撮る立寒椿。
できるだけ、カッコイイ?サザンカっぽい?ものを選ぶことにしている。

ツバキ科は、遠目には綺麗でも、近寄ると痛んでいる花が多い。
良い一輪を探すのが、まず第一歩!

常緑の葉、逆光の中で、輝くように咲く「立寒椿」。
これは、美しい一輪だった。

中央下に花を置き、周囲に常緑を配置。
花の上に光を飾って・・・

良い花の味付けは、シンプルで良いんだろうね。。。
(ステーキの焼き方と同じ???)

立寒椿の花言葉 「愛嬌」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F5.6 1/100 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2007/01/07(日) 07:23:57|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
 ∥HOME