花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

真冬に早春の色?アイスランド・ポピー

アイスランド・ポピー


アイスランド・ポピー(Papaver nudicaule)。

大きい画像は、こちら

ケシ科の宿根草で、北ヨーロッパ亜北極圏原産。
暑さには弱いため、日本では秋まきの園芸的1年草になる。

極寒地の原産なので、シベリアヒナゲシという和名もある。

近似種にヒナゲシがあるが、アイスランドポピーのほうが、
花が大きい。10cmくらい?
よく混同されるので、要注意!

昨日は、真冬になっても元気な、ウチのブーゲンビリアを
紹介したので、今日はフラワーセンターの早熟さんを。。。

ポピーの咲き時期は、3月くらいからが基本。
当然ながら、ポピー花壇は閑散

ポピー畑


・・・と思ったら???

ひとりだけ、立派に咲いてるじゃん!
他の子は、ツボミもないのに。

で、撮ったのが最初の写真。

このときは、帝王ダリアを撮るつもりで200mmズームにしてた。
そんなわけで、できるだけ寄って、マクロ風に撮ってみた。

NIKONの一眼レフを買う人がいたら、マクロレンズが無くても、
VR18-200mmを持っていれば、このくらいまでは撮れるよ。

アイスランド・ポピーの花言葉 「慰め」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Nikkor VR 18-200mm 200m
F5.6 1/125 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2007/01/10(水) 05:55:45|
  2. D200+VR 18-200mm|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
 ∥HOME