花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

濃ピンクのハイビスカス?サンタナ

サンタナ


サンタナ(Santana)。

大きい画像は、こちら

いわゆる、ハワイアンタイプのハイビスカス。
アオイ科の多年草で、主としてハワイエリアで改良を受けたモノを指す。

花の中央部分の濃いめピンクから、緩やかなグラデーションで、
周辺部分のホワイトに至る。
実に、鮮やかかつ繊細な色合いの花。
花径は大きめで12-14cmくらいかな???

花撮りに関しては、基本的な約束事がある。

「フォーカスは、蘂(しべ)の頂点に合わす」

花の主役は、花弁(花びら)のように思いがちだけれども、
蘂がボケてしまうと、全体像が締まらなくなってしまう。

蘂に合わせて、かつ花弁を鮮明に出すためには、
どうしても絞りを閉めていくことになる。
(被写界深度=鮮明に見える範囲、が深くなる)

そうするとシャッタースピードが遅くなるので、
昨日、書いたように、三脚だのレリーズ(リモコン)だのが、
極めて重要になってくる。。。

そんなわけで、蘂にフォーカスして、F13で撮ってみた。
見た感じだと、もう少し閉めてもイイかもしれない。
背景が遠かったので、F16くらいでも、背景はボケたと思う。

ハイビスカスの花言葉 「繊細美」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F13 1/20 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2007/01/21(日) 06:54:55|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
 ∥HOME