花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

神の山から深紅の花?ヘリコニア

ヘリコニア・マノア・サンライズ


ヘリコニア・マノア・サンライズ(Heliconia manoa sunrise)。

大きい画像は、こちら

バショウ科の多年草で、中南米原産。
しかしながら、熱帯の植物らしい、その外観のため、
グアム、サイパン、ハワイなどの観光地に広く移植されている。

ヘリコニアの語源は、ヘリコン山(Mt.Helicon)。
ギリシャ神話の女神ムーサ(Musa)が住んでおり、 詩歌を謳っていた。
なるほど、山にも見えるよね。

マノアサンライズは、盛んに咲いていたかと思うと、
しばらく、休花している期間があったりする。
温室に行って、咲いていると必ず撮るんだけどね。

空間の作り方、花の切り取り方によって、
これほど表情が変わる花も、珍しい・・・

もちろん、絞りの開き方や背景によっても、雰囲気が変わる。
今回は、シッカリと絞って撮ってみた。
シャッタースピードは1/3秒。。。
「カッッッッッシャン!」ていう感じなので、三脚は大事!

ヘリコニアの花言葉 「風変わりな人」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F16 1/3 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2007/01/22(月) 07:18:55|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
 ∥HOME