花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

中南米の赤い茄子?ソラヌム・シーフォシアヌム

ソラヌム・シーフォシアヌム


ソラヌム・シーフォーシアヌム(Solanum seaforthianum)。

大きい画像は、こちら

ナス科の常緑低木で、熱帯アメリカエリア原産。
蔓性で、2-3mくらいの高さになる。

「Solanum」は、ナス科の共通名称。

ナスだけど、実の色は赤い(変な感じ?)。

紫色の花、飛び出した雌蘂(めしべ)は、ナス科の特徴。
ちなみに、雌蘂が突出していないと栄養不足。

耐寒性はなく、関東エリアでは温室での越冬になる。
しかし、沖縄エリアでは屋外越冬が可能。
「瑠璃色蔓茄子(るりいろつるなす)」と呼ばれ、
家庭の生垣などで見かける花らしい。

撮影は、密生して咲いているうちの一輪にフォーカス。
これ、もう少し絞りを開いていれば、他の花がボケるし、
背景も溶けたんだけどね。。。
でも、そうすると、メインの花弁のエッジが曖昧になる。
悩ましいところだよね・・・。

シャッタースピードは、またもシリアス!

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F13 1/3 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2007/01/27(土) 07:55:50|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
 ∥HOME