花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

シルクロードから日本へ?ニホンズイセン

ニホンズイセン


ニホンズイセン(日本水仙)(Narcissus)。

大きい画像は、こちら

ヒガンバナ科の球根性多年草で、地中海エリア原産。

ニホンズイセンは、地中海からシルクロード、中国を経て、
室町時代に日本へ渡来したと言われている。

多くの種類があるスイセンの中で、ニホンズイセンは、
数少ない房咲き種。
また、ニホンズイセンは、12月頃から開花しはじめる。
(欧州のスイセン原種は、3月頃から開花)

そして、「生花」としても、「茶花」としても随一の格を持ち、
様々な場面で、第一級の花として登場する。

害虫にも病気にも強く、排水性の良い土に植えれば、とても育てやすい。

撮影は、逆光で白い花弁を透過し、中央部の黄色とともに
クローズアップする。
房咲きとしての特徴を見せるため、ツボミを後ろに配置。
グリーンの葉を背景にする。

寒い冬の元気な花、ニホンズイセン。
元気に撮れたかなー?

ニホンズイセンの花言葉 「自己愛」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F9 1/250 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2007/01/30(火) 06:14:38|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7
 ∥HOME