花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

豪州産のクールなデントロ?キンギアヌム

キンギアヌム


キンギアヌム(Den.Kingianum)。

大きい画像は、こちら

ラン科の多年草で、デンドロビウムの園芸種になる。
中国南部からアジアエリアに多く分布するが、
この「Kingianum」は、オーストラリア開発の園芸種。

自生種は、木に着生していた。
よってデンドロビウムの語源は、デンドロ(木)+ビウム(生まれる)。

日光を好み、生育期には十分な日照が必要。
半耐寒性で霜を嫌うので、冬は室内管理。

キンギアヌムは紫と白があり、流通量は紫の方が多い。
で、これは珍しい方の白花。
花径は3cmくらいで、リップの中の黄色が美しい。
草丈は25cmくらいになる。

撮影は、温室の天井を背景にした逆光。
露出は明るい空に合ってしまうので、プラスに露出補正。
置き場所が狭いところだったので、角度などに選択の余地無し。
という環境だったので、花弁の逆光透過に賭けてみた。
そんな、1枚。

デンドロビウムの花言葉 「ワガママな美人」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F11 1/200 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2007/02/19(月) 05:11:39|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
 ∥HOME