花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

冬枯れに映える?ロウバイ

ロウバイ


ロウバイ(Chimonanthus praecox)。
漢字では、「蝋梅」と書く。

大きい画像は、こちら

ロウバイ科の落葉低木で、中国原産。
中国からの渡来花ゆえ、「唐梅(からうめ)」と呼ばれることも。

梅という名前が付くので、なんとなくバラ科の雰囲気があって、
間違いやすいけれど、ロウバイ科。

繊細な見掛けとは裏腹に、とても丈夫な植物。
ある程度の日陰でも育つし、痩せた土壌でも元気。

日本で見られるロウバイは、2種類ある。
「蝋梅」と「素心蝋梅(そしんろうばい)」。

花弁周辺が黄色で、中央部が赤みがかっているのが「蝋梅」。
周辺から中央まで黄色なのが、「素心蝋梅(そしんろうばい)」。
この写真は、「素心蝋梅」ね。

撮影に関しては・・・

先週、トレーニング中に腰を負傷して、運動はもちろん、
撮影も行けない状態で。。。

いちおう、私には「Blog Quality」というか「Blog Code」
みたいなものがあって、ある程度のレベル以上の写真でないと、
Blogでは使わないわけ。
実際、10枚あったら、使えないのは1枚くらいなんだけど。
(こう見えても、わりと失敗がないタイプ・・・)

これはギリギリ。
本来なら使わないんだけど、腰痛で撮り直しに出られない。
露光補正したら、使えるかな?みたいな感じ。

風で花弁がパタパタで、絞りは開き気味。
風が弱まった一瞬に、慌てて撮ったもの。

教訓:ロウバイは、無風の日に撮ろう!

ロウバイの花言葉 「慈愛」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F5.6 1/320 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2007/02/21(水) 05:56:02|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
 ∥HOME