花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

春に黄金の花が咲く?サンシュユ

サンシュユ


サンシュユ(Cornus officinalis)。

大きい画像は、こちら

ミズキ科の落葉小低木で、中国原産。
日本では4-5mの小低木だが、原産地では、
10mを越す個体もあるという。

朝鮮半島を経由して、江戸時代に漢方薬として渡来。
薬になるのは、秋になる赤い実で、
解熱、止血、強壮に用いられる。
薬としての名称は、山茱萸(さんしゅゆ)。

その実の色から、秋珊瑚(あきさんご)という和名がある。
花は見てのとおり黄色に輝き、春黄金(はるこがね)などと
称されることもある。
どっちも、見たまんま・・・

花は、葉芽が芽吹く前に咲く。
しかも、枝の先端に塊になって咲くので、
禿げた木に、花だけ咲いている感じ。
なにやら不思議な印象。

近寄ってみると、4枚花弁の綺麗な花。。。

撮影は、背景を遠くしてボカし、同じ花をデコレーションにも使う。
あえて右側に花を寄せ、左は空間を創造する。
ちなみに、空間にピンクでボケているのはプリムラね。

露出的には、もう少し低めの方が主被写体が鮮明に出るけれど、
黄金の花らしく、飛ばす覚悟で露出を上げた。
RAW撮影なので、現像時に低く出すのも簡単。
(元々、ニコンは暗めに撮るので・・・)

サンシュユの花言葉 「持続」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F9 1/250 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!


にほんブログ村 花ブログへ


スポンサーサイト


  1. 2007/03/08(木) 05:47:58|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 ∥HOME