花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

優雅な色と姿?熱帯性スイレン

エンチャントメント


エンチャントメント。

熱帯性スイレン(Tropical Water Lily)の仲間で、
アメリカで産出された。

スイレンには、熱帯性(非耐寒性)と温帯性がある。
温帯性は19世紀後半から、フランスで盛んに品種改良された。
熱帯性は20世紀になってから、アメリカで品種改良が進んだ。

熱帯性は、日本の冬を越せないので、耐寒設備が必要となる。
しかも、ハイビスカスのように部屋へ入れればOK!という
わけにはいかず、水槽も必要な大仕掛けになるので、
事実上、植物園でしか見ることができない。

熱帯性スイレンの特徴としては、「夜咲き性」と
「昼咲き性」があること。

この、エンチャントメントは昼咲き性。
夜咲き性の熱帯性スイレンを撮影するのは、ちょっと難しいね。
(温室にあるけれど、たいてい閉じているし)

ちなみに、青系のスイレンは温帯性には無い。
熱帯性だけの、お楽しみになる。

スイレンの花言葉 「純情」。

DSLR:NIKON D200
LENS:NIKKOR VR18-200mm 200mm
F5.6 1/320 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ランキングサイトに参加しています!
気に入ってくれたら、どちらも1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ

スポンサーサイト




  1. 2006/08/20(日) 06:53:24|
  2. D200+VR 18-200mm|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

  

コメント

最近、よくホームセンターにもあるんだけど、

絶対に冬は越せないよ。って思いながら見てるんですよね。
そう思ってたら、さっそく実家の父が育てて花を咲かせてたけど…

温帯性のスイレンに比べると、ゴージャスな感じがします。
花弁にうつる陰が、いっそうシャープさを際立たせてるような。

うーん、さすがだなぁ。。。

  1. 2006/08/20(日) 08:27:45 |
  2. URL |
  3. はづき #-
  4. [ 編集]

熱帯性が?

熱帯性スイレンが、ホームセンターにあるんですか?
さすがに、暖かいエリアは違うなぁ。

冬越しできるとイイですね!

ここの温室は、水の色が綺麗じゃないので、
いつも苦労して撮ってます。
夏は天井を全開にするので、よけいに難しくなります。。。
  1. 2006/08/21(月) 08:28:50 |
  2. URL |
  3. Megu #ocvBXDC.
  4. [ 編集]

ほ~。

こんなスイレンもあるんですね。

これはこれで別の世界観がありますね。仏様が出てくるようには感じないし。。。。
なんか、ロックバンドが出てきそう(;^_^A

にしても・・・・、とても品のある紫ですね。
  1. 2006/08/22(火) 01:11:19 |
  2. URL |
  3. Pi #k2bW.qo.
  4. [ 編集]

品種改良で

>>Piさん

アメリカでの品種改良で、熱帯性スイレンは、様々な色がありますね。
真っ黄色とか、ブルー系とか。

たくさん撮ってますので、またアップしたいと思います。
  1. 2006/08/22(火) 09:22:41 |
  2. URL |
  3. Megu #ocvBXDC.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://flower33.blog63.fc2.com/tb.php/113-ffffe9b4
 ∥HOME