花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ピンクの蕎麦?タカネルビー

タカネルビー


大きい写真は、こちら

タカネルビー(高嶺ルビー)。

タデ科の1年草で、ヒマラヤ原産。
和名は「ベニバナソバ(紅花蕎麦)」。
いわゆる、蕎麦の花。

通常、ソバは根だけにアントシアンが含まれていて、
それが赤い色を出している。
このタカネルビーは、花や殻までアントシアンを
含んでいるため、赤い花が咲く。
ヒマラヤから持ち帰った原種を、信州大学で開発したもの。

で、ソバ粉の色なんだけど、これは純白。
食感は、通常のソバよりも歯ごたえがあると言われる。

タカネルビーは、通常は観賞用。
(実の収穫量が少ないため)

タカネルビーだけで育てると、かなり真っ赤になる
みたいなんだけど、フラワーセンターでは普通のソバと
混生させているために、ピンクっぽい感じになっている。

撮影は、背景が遠いためにF8でもボケは大きい。
小さなピンクの、可憐な花でした。

蕎麦の花言葉「懐かしい想い出」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F8 1/90 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ
スポンサーサイト




  1. 2006/10/05(木) 10:59:34|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

  

コメント

なんて可愛らしい色なんでしょ!
白・ピンク好きの私としては、コメントせずにいられませんw
なんとなく昔懐かしいような、ノスタルジックな気持ちになる作品。
こんなに綺麗な色合いが表現できるんですね~、素敵!
  1. 2006/10/05(木) 18:29:28 |
  2. URL |
  3. maru #JezSLo8M
  4. [ 編集]

きっと小さい可愛い小花なんでしょうねっ
ピンクと白の優しい感じが、大好きです。
鑑賞用になるのも解ります。
大事にそっと見ていたい花ですねっ
  1. 2006/10/05(木) 21:27:19 |
  2. URL |
  3. nene #-
  4. [ 編集]

この画像は。。。

>>maruさん

これは、大きい画像で見た方が素敵だったです。
そんなわけで、大きいのもアップしました。

薄ピンクというのは、なんとなく懐かしい色ですよね。
ハッキリした色が多い中で、ちょっと雰囲気のあるモノが撮れました。
  1. 2006/10/07(土) 11:44:50 |
  2. URL |
  3. Megu #ocvBXDC.
  4. [ 編集]

ルビー

>>neneさん

ホントのタカネルビーは、もっと深紅みたいですよ。
でも、これは白の蕎麦と寄せ植えになってたので、薄ピンクになったみたい。

ちなみに、実の収穫量は、タカネルビーの方が少ないみたい。
色で消耗しちゃうのかな。
  1. 2006/10/07(土) 11:46:52 |
  2. URL |
  3. Megu #ocvBXDC.
  4. [ 編集]

この前

NHKで長野の高嶺ルビーだけの畑の映像を見る機会があって、すごく感動しました。ホントにステキですね。

こうしてアップで見ると、また違った印象がありますね。おしべもピンクっぽいですか?天使の花、って感じですね。カワイイ。
  1. 2006/10/08(日) 02:15:13 |
  2. URL |
  3. Pi #FClY.BlE
  4. [ 編集]

収穫量

>>Piさん

ルビーちゃんは、収穫量が少ないらしく、
農家的には人気がないみたいですね。

そうそう、雄しべもピンクでしたよ。

今日のフラワーセンターは、大風の影響で、
倒れている花が多かったのですが、
蕎麦の花たちは、とても元気でした!
  1. 2006/10/08(日) 13:11:05 |
  2. URL |
  3. Megu #ocvBXDC.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://flower33.blog63.fc2.com/tb.php/157-3b4f274b
 ∥HOME