花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

冬が旬の被写体?クリント・ブライアント

クリント・ブライアント


クリント・ブライアント(Crint briant)。

大きい画像は、こちら

スイレン科の多年草(宿根草)。
熱帯性スイレン(Tropical Water Lily)に属し、1980年にアメリカで交配。
特徴あるブルー系の色で、花付きの良い品種。

スイレンには、温帯性と熱帯性(非耐寒性)があるけれど、
この花は、熱帯性のスイレン。

見分け方は、2つ。

・ブルー系のスイレンは熱帯性にしか存在しない
・水面から花が持ち上がっていたら「熱帯性」、花が浮かんでいたら「温帯性」

さらに、熱帯性スイレンには、「昼咲き性」と「夜咲き性」があり、
青系は、昼咲き性にしか存在しない。

また、熱帯性スイレンは香りが良いものが多い(温帯性は微香か無香)。

というように、各々の種類で、非常に決定的な特徴を持っている。

これから冬に向かうと、温室で撮影する熱帯性スイレンの旬。
まさに、季節の花って感じになってくるね。
(寒い外部から温室に入ると、機材が結露するので注意!)

撮影は、花弁をエッジまで出すためにF13。
背景は水面しかないので、諦めて絞り気味で。
ボケは期待できない代わりに、花の色や花弁の形状はキッチリ出た。

スイレンの花言葉 「純情」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F13 1/60 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ブログ村「花ブログ」に参加しています!
励みになりますので、1日1回のクリック!お願いしまーす!

にほんブログ村 花ブログへ
スポンサーサイト




  1. 2006/12/14(木) 09:09:03|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

  

コメント

うわぁ~~なんとも言えない青。
大きな画像でみると、一段とその色合いが美しいですね。

そっかぁ。温室にいけば今、見ることができるのですね。。
うーん。植物園がもっと近ければ。。。
  1. 2006/12/14(木) 18:19:32 |
  2. URL |
  3. はづき #-
  4. [ 編集]

温室の旬

そうそう。
今こそ、温室の旬なんですよ。
フラワーセンターも、この時期に満開を合わせてる感じ。

でも、本当に結露がひどいので、バッグに入れて、
タオルで何枚も巻くとか、工夫が必要です。

スイレンは、たくさん撮っているので、またアップしますね。
  1. 2006/12/16(土) 07:44:27 |
  2. URL |
  3. Megu #ocvBXDC.
  4. [ 編集]

スイレンって、こんなに綺麗な色なのですね!
花言葉の「純情」
イメージもそんな感じをさせるカラーでとても素敵ですね!
  1. 2007/01/22(月) 23:59:10 |
  2. URL |
  3. カナカナ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://flower33.blog63.fc2.com/tb.php/209-4ab917a5
 ∥HOME