花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

豪州生まれの麦藁花

帝王貝細工


ていおうかいざいく。

長い名前なんだけど、漢字で書くと、
「帝王貝細工」なんだよね・・・

別名「麦藁菊(むぎわらぎく)」「へりくりさむ」

キク科の多年草で、オーストラリア原産。
関東エリアでは園芸上、1年草として扱われることが多い。
これは、この花が地植えに適し、冬の寒さに耐えられない
ことによる。

最近は、鉢植えの園芸種もあり、それならば室内越冬可能。
何年も越冬させると、低木状の姿になる。

カサカサと乾燥した花びらは、総苞片が発達したもの。
これ自体は花弁では無い。
1株あたりの着花数は、わりと多く10-20。

さて、撮影的には、これを撮った少し前から風が強まり、
被写体ボケを恐れて、シャッタースピードを稼がなければ
ならないという状況。

ISO値を上げるのは嫌いなので、絞りを開く。
(NIKONは高感度撮影が苦手・・・)

花の周辺部が、ややボケてしまった。
ホントは、F8かF9で撮りたかったなぁ。

帝王貝細工の花言葉は「Eternal Memorry=永遠の思い出」

DSLR:NIKON D200
LENS:NIKKOR 60mm MICRO
F3.2 1/1500 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ランキングサイトに参加しています!
気に入ってくれたら、どちらも1日1回のクリック!お願いしまーす!



にほんブログ村 花ブログへ
スポンサーサイト




  1. 2006/06/24(土) 07:40:08|
  2. D200+60mmMICRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

  

コメント

麦わら菊って黄色も白も

あるんですね。私のところは、しろです。夜間しっかり花を閉じ、日中開くかわいい奴ですね。
  1. 2006/06/24(土) 19:27:28 |
  2. URL |
  3. hanahhana1952 #-
  4. [ 編集]

懐かしい!!

学生の頃、これで作ったドライフラワーで、コサージュを沢山作らされました。学校の伝統的コサージュらしいんだけど、イマイチその可愛さが私には理解できなかった。。。。。(;^_^A

私はこの花の可愛らしさよりも、特徴をいろんな人に知ってもらいたいと思っていました。

学校では「ムギワラギク」って習いました(^-^)
  1. 2006/06/25(日) 00:33:12 |
  2. URL |
  3. Pi #WJ6cu70U
  4. [ 編集]

黄色と白

>>hanahhana1952さん

これはフラワーセンターでの撮影ですが、
そこには黄色しかありませんでした。
逆に、白もあるんですね。

とてもカワイイ花で、ちょっと育ててみたくなりました。
  1. 2006/06/25(日) 06:32:43 |
  2. URL |
  3. Megu #UW6XoPyo
  4. [ 編集]

コサージュ

この色からすると、麦藁菊の方が合ってますね。
デイジーとかミモザと合わせたリースを飾ってる友人が居ました。
それは可愛かったので、単独よりも合わせた方がイイのかもしれません。

しかし、改めて見ると、ものすごぉぉぉく単純な構図。
珍しく、植物図鑑的に撮ってしまいました。
  1. 2006/06/25(日) 06:37:12 |
  2. URL |
  3. Megu #ocvBXDC.
  4. [ 編集]

どこかで

見たお花を思えば、ナチュラルクラフト教室に行ってた
時にドライフラワーで使わせてもらいました。
すごく、しっかりしてて扱いやすい花でした。
>帝王貝細工の花言葉は「Eternal Memorry=永遠の思い出」
なんか…解るような気がします。
  1. 2006/06/25(日) 20:33:22 |
  2. URL |
  3. nene☆ #-
  4. [ 編集]

ドライ

>>neneさん

実物は、もっとドライな感じです。
生花でも、パサパサした雰囲気。
でも、とても素敵な形と色なんですよ。

自宅で育てるのが難しい花だけに、
価値があるんだと思います。
  1. 2006/06/26(月) 07:34:39 |
  2. URL |
  3. Megu #ocvBXDC.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://flower33.blog63.fc2.com/tb.php/59-28a327f8
 ∥HOME