花と写真が好きだから・・・
お花大好き主婦のMeguが、一眼レフ「NIKON D200」とマクロレンズで季節を語ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

夏花の女神系??夏水仙

夏水仙


ナツズイセン(夏水仙)。

スイセンという名が付いていても、ヒガンバナ科。
春に出る葉がスイセンに似ていて、夏に花を付ける
ことが命名の由来。

ヒガンバナ科なので、学名はLycoris Squamigera Maxim。
Lycoris=ヒガンバナ、である。

中国原産で、日本への渡来年は極めて古い。
関東以西に自生する。

この花の大きな特徴は、花の時期には葉が付かないこと。
春に出た葉は、6月には枯れてしまい、代わりに5-7個の
花を、大きく伸びた花茎に付ける。

現在は観賞用だけど、アルカノイド、リコリンを含有し、
有毒であると同時に、使い方によって消炎などの薬効もあり。

群生して咲いていると、ピンクの花が本当に美しい。

ここ数日、VR18-200mmでの画像をを載せたけど、
やはりマクロレンズでしか撮れない画がある。
それを実感させてくれた、この1枚だった。

夏水仙の花言葉 「夏の思い出」。

DSLR:NIKON D200
LENS:Tamron 90mm MACRO
F11 1/160 ISO100
@フラワーセンター大船植物園

ランキングサイトに参加しています!
気に入ってくれたら、どちらも1日1回のクリック!お願いしまーす!



にほんブログ村 花ブログへ
スポンサーサイト




  1. 2006/08/02(水) 09:45:57|
  2. D200+90mmMACRO|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

  

コメント

難しいピント合わせがピタッと決まっていると、やはりかっこいいですね~。
その他にも、撮り方とか、色の表現とか、奥が深そうですがまずはこんなふうにビシッと決めたいなぁ。


夏水仙の紫がかったピンクの花びら、個性的で美しいですね。
  1. 2006/08/03(木) 01:37:53 |
  2. URL |
  3. maru #JezSLo8M
  4. [ 編集]

ありがと!

maruさん、どうもありがとう。

このBlogは、土日のアクセスが低いので、
満を持して自信作をアップしたんだけど、
スルーで悲しかったのだ。

これぞモード系!っていうパターンであります。
  1. 2006/08/03(木) 13:45:49 |
  2. URL |
  3. Megu #ocvBXDC.
  4. [ 編集]

夏水仙って、ひとつひとつの花を見ると、
ゆりに似てるって思ったりするけど、
こうして、切り取った表情は、
また違うものがありますよね。
やっぱり、この花好きだなぁ。

夏水仙って、ある日突然(たいてい雨上がりの翌日なんだけど)
何もなかったとこから、にょき!って花芽が出てくるんですよね。
そして、毎日目を見張る勢いで成長して、
あっというまに、艶やかな花を咲かせてる。

ほんとに、夏花の女神さまかもしれない。
  1. 2006/08/03(木) 14:16:45 |
  2. URL |
  3. はづき #-
  4. [ 編集]

素敵です

雄しべが、凛としてて。
ピンクとオレンジが綺麗です。
切る時は、斬新にした方が、
いいのでしょうか?
すごく参考になります。

  1. 2006/08/03(木) 15:22:36 |
  2. URL |
  3. nene #-
  4. [ 編集]

夏の女神は・・・

>>はづきさん

このお花は、成長力が早いですよね。
1週間前に見たときは、小さかったのに、
いつのまにかニョキニョキ!みたいな感じ。

こういう花こそ、切り取りの醍醐味ですね。
あとは絞り値の勝負とか。。。

撮影にも、とても面白い花です。
  1. 2006/08/04(金) 07:16:16 |
  2. URL |
  3. Megu #ocvBXDC.
  4. [ 編集]

切り取り

>>neneさん

個人的には、ズバッと切るのが好きです。
他人様が見たら、「なんで綺麗な花を切り取っちゃうの?」って
思うくらいで、イイと思いますよ。

花の全景は、植物図鑑に溢れてますからね!
  1. 2006/08/04(金) 07:32:00 |
  2. URL |
  3. Megu #ocvBXDC.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://flower33.blog63.fc2.com/tb.php/95-bb328bb2
 ∥HOME